DD Pro
 Low Pass Filter Cleaner
商品情報 トレーニング オンライン販売


 商品情報

 

DD pro内蔵の静電気発生装置により、外部のホコリがシャッター内部に侵入するのを防ぎ、ローパスフィルターを傷つける事なく、吸引ブラシにより、カメラの外にホコリを放出します。



1.

ローパスフィルターに吸引ブラシが軽く触れるようにし、ダスト(ゴミ、ホコリ)を吸引し外部にはき出します。

2.

カメラ内部の空気を吸引する事により、外部の、ダスト(ゴミ、ホコリ)を含んだ空気が入り込みます。その際、本体に発生した静電気が、外部からのダスト(ゴミ、ホコリ)の侵入を防ぎます。
本体より発生する静電気により、ホコリの侵入を防ぎます。ローパスフィルターのホコリは本体内部を通り、はき出します

実用新案第3119519号

【使用方法】


デジタル一眼レフカメラに充分なバッテリー容量があるのを確認の上レンズを外し、クリーニングミラーアップを行います。シャッターが開きローパスフィルターを視認したら、本体のスイッチを入れ吸引ブラシが軽く触れるように、ローパスフィルター全体を清掃してください。1分程度で充分にホコリなどを取り除くことが出来ます。長時間の使用はおすすめできません。

バッテリー容量があるのを確認の上レンズを外し、クリーニングミラーアップを行います。
*クリーニングミラーアップの方法はデジタル一眼レフカメラの機種によって操作方法が異なります。マニュアル等でご確認の上操作してください。 バッテリー容量があるのを確認の上レンズを外し、クリーニングミラーアップを行います。

※クリーニングミラーアップの方法はデジタル一眼レフカメラの機種によって操作方法が異なります。マニュアル等でご確認の上操作してください。

ローパスフィルターを視認したら、本体のスイッチを入れ 先端ブラシが軽く触れるように、ローパスフィルター全体を清掃してください。 ローパスフィルターを視認したら、本体のスイッチを入れ先端ブラシが軽く触れるように、ローパスフィルター全体を清掃してください。



【DD Pro 先端ブラシにおける、ローパスフィルター損傷具合テスト報告書】

DD Pro先端ブラシには、液晶パネルの基板等非常にデリケートな部分の清掃に使用しているブラシと同じ繊細なブラシを使用しているため、ローパスフィルターへの影響は無いと思われるが、念には念を入れるためローパスフィルター損傷具合テストを実施した。

目的
DD Proにて、ローパスフィルターを清掃する際、DD Pro先端ブラシがローパスフィルター部分に触れて清掃するため、ローパスフィルターへの影響が無いかどうかの確認をする。

テスト方法
DD Proを使用し、デジタル一眼レフカメラのローパスフィルター清掃行為を繰り返し実施する、加速度テストをした。
DD Pro

使用機種
DD Pro 1台 (試作モデル/先端ブラシ部分は、完成品と同等の製品を使用)
キャノン EOS KISS デジタル 
ニコン D70S
キャノン  EOS  KISS デジタル(左)
ニコン  D70S(右)

テスト実施日
2006年10月16日 〜 11月8日
 

加速度テストの方法
1.DD Proの通常使用を一週間に一回、一分間と設定。

2.5年間の使用を考えた場合、約260回の使用となる。

3.DD Proを使用し、「キャノン EOS KISS デジタル」「ニコン D70S」のローパスフィルター清掃作業を260回実施
「キャノン  EOS  KISS デジタル」のローパスフィルター清掃作業を260回実施

「ニコン  D70S」のローパスフィルター清掃作業を260回実施

ローパスフィルターの損傷具合確認方法
1.2006年11月11日、テスト使用カメラでの撮影を実施、画像を確認した。
→ 問題無し

2.2006年11月15日、メーカーサービスセンターへ依頼し、ローパスフィルターの損傷を確認した
→ 問題無し
ローパスフィルターを視認




【使用上の注意】 ※必ずお読みください
DD Proを使用する場合は、単4乾電池4本が必要です。単4乾電池4本をお買い求めのうえ、本体内部の電池ケースに正しくセットしてください。その時、必ず、吸引ブラシを本体収納部より取り外した状態で行ってください。
ローパスフィルターを清掃する場合、充分にバッテリー容量がある事を確認の上使用してください。電池の容量が不足している場合、シャッターを傷つける可能性があります。
吸引ブラシは、ローパスフィルター以外には使用しないでください。
吸引ブラシは、油脂洗浄済みです。極力、ブラシ部分を手でさわらないでください。ローパスフィルターにヨゴレが付着する可能性があります。
氷点下でのご使用はお止めください。
砂丘や砂浜でのレンズ交換の後は、特に、ローパスフィルターに砂が付着していない事を確認の上ご使用ください。砂等の堅いゴミにより、ローパスフィルターが破損する恐れが有ります。
ローパスフィルターを清掃する場合、強い力でブラシを押しつけないでください。ローパスフィルターを傷つける可能性があります。ブラシが触れる程度で充分清掃可能です。
ローパスフィルターが破損しないよう、清掃には十分な注意をお願いいたします 。万が一ローパスフィルターが破損した場合、当社では責任を負いかねますのでご了承ください。

■先端ブラシのお手入れ
先端ブラシは15〜20回程度使用すると、ヨゴレ等が付着しますので、中性洗剤にて水洗いし十分にすすぎ、完全に乾燥させていただければ、再度ご使用いただけます
先端ブラシが古くなった場合は、替ブラシ(別売)との交換をお勧めいたします。